流通系カードローンの特徴

銀行系や信販系、IT系などカードローンはその金融商品を提供する企業によって復数の種類に分類できます。その中で提供企業がデパートや百貨店、スーパーに属するタイプのカードローンが流通系と呼ばれています。

 

流通系カードローンはその多くが発行する企業やそのグループ企業が展開する小売店での利用に際して特典を復数設けていることが多いのが特徴です。例えば「イオンバリューカード<VIP>」は提供は「イオン銀行」が行っていますが、流通系の企業のため流通系カードローンに分類されています。他にも「セブン&アイホールディングス」や「セゾングループ」の発行するカードローンも流通系としてよく知られています。
※イオン銀行カードローンの詳細情報はイオン銀行カードローンは専業主婦も借りられるに書かれています。

 

提供する企業側には、自企業やグループ企業のサービスや商品購入の促進という目的もあるため、総じて流通系カードローンは利用手続きが簡易で、スムーズに契約をしやすいというメリットが利用者にはあります。

 

また契約時や利用額に応じてポイントを発行しているところも多く、カードローンを提供する系列のデパートやスーパーなどの小売店の利用が多いならば、所持していて得をすることも多くあります。

 

ただし金利に関しては、銀行系のカードローンに比べるとやや高めに設定されていることが多いため、利用に際しては注意が必要です。